心で感じるために必要な3つのこと/身動き自由な心を感覚を取り戻す

ブログ

 

小濱(おばま)
小濱(おばま)

心が貧しい人は、心のセンサーが未発達なため、心で感じ取るということがしづらい状態になっています。

心で感じるには、まずは心の闇(不自由さ)も、心の光(自由さ)も知っておく必要があるのですが、基準値としては、心の光の感覚を基準として感じ取ります。

今回は、心で感じるために必要な3つのことを書いてみましたので、ぜひ読んでみてください。

 

心で感じるには

先日の記事の最後の方で、心の触覚(心のセンサー)について、少し書かせて頂きました↓

心の豊かさを育む/心が貧しい人と豊かな人では現実が大きく変わってくる
小濱(おばま) 心の豊かな人と、心が貧しい人には大きな違いがあります。 そして、心が貧しい人は、足らないものばかりを埋めようとするのに対し、心が豊かな人は、大多数の人が見落としがちな宝石を見つけ、現実に活...

 

心で感じるには、この心の触覚(心のセンサー)を発達させる必要があります。

そこで、この心のセンサーを発達させるために、何をやっていけば良いのか?が気になりますよね。

今回は順を追って何をやっていけば、心のセンサーが発達して行けるのか?を書いてみたいと思います。

 

①光の感覚と闇の感覚、どちらも知ること

心の中には、サラッと軽い光(自由)の感覚と、重く苦しい闇(不自由さ)の感覚があります。

これは、心の豊かさと、心の貧しさにも関わってきます。

 

社会に生きている人のほとんどが、心の中に闇(不自由さ)を抱え、苦しんでいます。

なので、心の闇の感覚がどういうものか?ということは、意外と皆さん知っているんですね。

 

ですが、心の中が闇で覆われていると、光(自由さ)の感覚を忘れてしまう傾向にあります。

つまり、忘れ去ってしまっている、光の感覚を思い出すことが、まずは重要です。

 

②忘れてしまっている光の感覚を思い出す

光の感覚を思い出すために、まず必要なのは「頭で考えないこと」。これが大切です。

頭で考えれば考えるほど、

  • 正解・不正解
  • メリット・デメリット

を求めてしまいます。

そして、正解・不正解、メリット・デメリットを決めつけた段階で、思い込みや固定観念に縛られ、心の中はどんどん不自由になってしまいます。

なので、頭で考える時間を極力減らし、頭を空っぽにする時間を増やすことが大切です。

 

ですが、表層意識ではそれを意識しようとしても、無意識レベルの癖で色々と考えてしまうこともあるため、最初は上手くいかないかもしれません。

ですが、少しずつ無意識レベルの中も、頭を空っぽにするということを癖づけて行くと、だんだんできるようになってきます。

 

頭を空っぽにするためには、自然の中で、ただただ風を感じたり、木漏れ日を感じたり、草花や樹木を見て何かを感じたりする方法でも良いと思います。

僕が毎月温泉に行くのも、頭を空っぽにする環境を作るためでもあるんですね↓

月に一回行っている有馬温泉/自然の力に身体も心も治癒される
小濱(おばま) 僕は、温泉に入ることがとても好きなのですが、できるだけ源泉掛け流しの温泉を選んで行きます。 その方が、お湯の成分を十分に楽しめますし、自然そのもののエネルギーも感じられるからです。 ...

 

頭が空っぽになることに慣れてくると、正解・不正解や、メリット・デメリットで判断して動くことが少なくなります。

その代わりに、心で「こうしたいな」と自然と湧き上がってくることに対して、頭でリスクやデメリットを考えることなく、勇気や希望を持って行動に起こせることができるようになります。

闇(不自由さ)に縛られない感覚、これが光(自由)の感覚です。

この光の感覚を保ち、光の感覚を基準に物事を感じ取って行くことが大切です。

 

③光の感覚を基準にして、人の心を感じ取ってみる

光の感覚を思い出し、それが保てるようになったら、人の心を感じ取ってみることをやっていくと良いでしょう。

ここで、「人の心を感じるって、どうすれば良いんだろう?」という疑問が湧き上がってくると思います。

ここで、コツがあります。

 

心の状態は、意識に現れます。

意識は、表層意識と無意識があるのですが、それは、必ず言葉や行動に現れます。

なぜなら、人は、

  • 意識的な発言や行動
  • 無意識の発言や行動

この2つがあるからです。

言葉や行動は意識によって出てくるのですが、意識の原点は心。

つまり、発した言葉や、起こした行動には、必ず心が隠れているのです。

人の心を感じるためには、目の前の人の

  • 言葉
  • 行動
  • 雰囲気

などをしっかり見て、自分の心の中にある光の感覚を基準として感じ、判断していくことが大切なのです。

 

自然の中に生きる者たちや、思い入れのある物にも意識はある

実は、心や意識があるのは人だけではありません。

自然の中に生きている、草花や樹木、そして動物たち。

天然石や石像などにも、意識が入っていることもあります。

そして、人が思い入れのある持ち物にも、持ち主の意識が移っていることがあります。

※もちろん、意識が入っていない空っぽの物もあります。

 

意識があるということは、意識の原点である心を感じ取ることができます。

心で感じることができるようになると、色んなものに心が存在していることがわかります。

 

未発達な心のセンサーを発達させよう

まとめになりますが、心で感じるために必要なのは、

  1. 心の中に闇(不自由さ)と光(自由)、どちらもあることを理解する
  2. 忘れてしまっている心の光(自由)の感覚を思い出す
  3. 光の感覚を基準にして、人の心を感じ取ってみる

この3ステップです。

 

心で感じることができるようになると、見える世界が変わります。

身動き自由な心を感覚を取り戻すことで「本当は、自分はすごく豊かだったんだな」ということに気づきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました