無駄使いと節約思考の意外な関係性/浪費をやめるには心の状態に注目しよう

ブログ
茜(あかね)
茜(あかね)

商品を目の前にしたときはあんなに「欲しい!」と思っていたはずなのに

購入してから冷静になって「あれ、、なんでこんなもの買ったんだろう。。。」と思ってしまうことはありませんか。

.
そう、いわゆる無駄遣いですね。

.
せっかくお金を使うのであれば、無駄な買い物ではなく、本当に必要なものにのみ使いたいですよね。

.
では、どうすれば無駄な出費=無駄遣いを減らすことができるのでしょうか?

無駄遣いには2通りある

無駄遣いには2種類あり、

  1. 自分にとって必要のないものにお金を使ってしまったパターン
  2. 自分にとって本当に必要なものにお金を使わなかったせいで、あとで余計にお金を使うことになってしまったパターン

があるのではないかと個人的には思っています。

.
モノを選ぶ段階から購入の判断を下す時まで、その人の心の状態がとても大きく関わってきます。

また、そのアクションを起こした後に待っている現実も、どのような心でお金を使ったかが非常に大きく関わっている感じがします。

何を買ったから無駄遣いということはなく、どういう心の状態でお金を使うのか適切な部分にお金を使えているのか。

ここに無駄遣いをなくす鍵があります。

心に不足感が出てくると無駄遣いに繋がりやすい

心が健全で地に足のついた考え方ができる状態(光の状態)でお金を使う場合、自分が既に持っているモノや、既にあるものにしっかりとフォーカスができている状態です。

また、自分に本当に必要なものは何なのかをしっかりと分かっている状態です。
.

例えば、服屋さんに行ったとしても

トップスもボトムスも家にたくさんあるから、セールをやっているけど今の自分には必要ないな。

こんな感じです。

新しいものを次々に買うというより、今持っているものをどう生かすかに視点がいくため、わざわざ節約や倹約を意識せずとも無駄遣いが発生しないという状態が出来上がります。

.

ところが、心身に余裕がなかったり、どこか無理や我慢をしている人というのは、心が不足感の方にフォーカスし始めてしまいます。

こうなると、心が闇の状態に傾き始めます。

不足感に目を向け始めてしまうと、自分の持っていないものに目がいきがちになります。

そういう人が服屋さんに行ってしまうと

困った女性

あ〜、今季のトップス可愛いな〜!

白のトップスは家にあるんだけど、このデザインの白は持ってないから買っちゃってもいいな。
.

デニムも家にあるけど、このシルエットのは持ってないからこれも買おうかな。
.
あ〜あとこれも…(以下無限ループ)

とこんなふうに、いろんなモノに目移りしてしまいます。

判断力が鈍った状態であれこれと買ってしまうと、結果的に無駄遣いにも繋がりやすいですよね。

このような場合が、“自分にとって必要のないものにお金を使ってしまったパターン”に当てはまるケースです。

無駄遣いしているのにお金の不安・節約思考?

今はこんな記事を書いている私ですが、実は私も昔はかなりの浪費癖がありました。

そこで昔の自分を少し思い出してみたのですが、当時は「お金がない」と言っていた割にはその裏でいろんなモノを買っていたことに気づきました。

しかもその買っていたモノというのは、服や靴、アクセサリーや高級スキンケアなど、生活に必ず必要とはいえないものばかりでした。
.

これは心の不足感を埋めるということを、買い物という行為で代替していたのかなと思います。

無意識では心の不足感を埋めたいという思いがあるのに、表層意識ではそれがわかっていなくて

でもとにかく不足感を埋めたいということで、それを買い物という行為でやってしまうんですよね。

.
そうするともちろん、お金が減ります。

心が闇の状態の時というのは、お金が「減る」ことにばかり目がいってしまうため

困った女性

もしもお金がなくなったらどうしよう……

.
もし、あぁなったらどうしよう。。。こうなったらどうしよう?💦

など、まだ起こりもしていないお金の心配をするようになってしまいます。

そこで、「節約しなきゃ!」となるのですが…

心はどんどんお金の不安に呑み込まれていき、さらにそのキツさから逃れるため、節約しようと思いながらも無駄遣いに走ってしまうという構図が出来上がります。

交通費をケチったせいでそれ以上のお金と健康を失った話

私自身が心を育むということをやり始めてまだ間もないころ、

外気温35度の炎天下の中、何も飲まずに自転車で片道30分(往復1時間)走り続けた結果、軽い熱中症になってしまったことがありました。

.
今思い返せば、そりゃ熱中症にもなるでしょ…😓と思いますが、当時は「数百円でも節約したい!」という思いから、交通費と飲み物代をケチるためにやったことでした。

しかしその結果、その日から吐き気や頭痛が出てきて(典型的な熱中症の症状)しんどくなり2日ほど寝込んでしまいました。

念のためかかりつけ医の受診もしたので、むしろ交通費よりも余計にお金も時間も失っています。

.

当時の私は、「手持ちのお金が減らないように」という部分に必死になりすぎて、何よりも大切な「健康を維持する」というところに目を向けられていなかったと思います。

最初からそこを分かって交通費や飲み物にちゃんとお金をかけていれば、そのお金と引き換えに熱中症にならずに済んだんですよね。

こういう例は“自分にとって本当に必要なものにお金を使わなかったせいで、あとで余計にお金を使うことになってしまったパターン”に当てはまります。
.

ここでは私の失敗談を書きましたが、案外このような無駄遣いをしてしまっている方も多いのではないかなと思います。

人はお金と引き換えに必ず何かを得ている

人はお金を払うことで、何かを手に入れています。

心に余裕があったり光の状態だとそれがはっきりと見えているのに、心が闇に傾くと途端にそういった部分が見えなくなってしまいます。

「これにお金を使うことで、自分は何を手にするんだろう?」

という部分をしっかり認識した上で、購入するかどうかの判断をする。

これが結果的に、無駄遣いをなくすことにも繋がっていくのではないかと思います。
.

もしその辺りがうまく認識できない場合、もしかすると心に余裕がなくなってしまっているのかもしれません。

そういう時は自分なりのリラックスできる方法で、心身を緩めて軽くしてみてくださいね。^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました