無意識レベルの中に蓄積している、表層意識では認識できていない自分の思い

ブログ

 

小濱(おばま)
小濱(おばま)

心育む合宿の運営者、小濱(おばま)です。

 

今日は、僕がおこなっている3Daysセミナーで、どのようなことをやっているか?が少し見えるような記事を書いてみたいと思います。

 

心が疲れてしまう原因は、実は自分自身が作り出しています。

 

無意識レベルと表層意識の関係性を見て行くことで、その原因が徐々に見えてきます。

 

無意識と表層意識

みなさんは、無意識と、表層意識って、どういうものだか知っていますか?

表層意識と例えると、今現時点で何かを感じたり、何かを思ったりする自分自身のことです。

いつも何かの行動を起こし、生活している自分のことですね。

 

それと比べて無意識というのは、今の自分では認識しづらい自分自身のことです。

例えば、表層意識では、「お母さんがウザい!どっか行け!」と思ってムカついていたとしても、無意識の中にある一部の自分は、「お母さんすごく好き!離れたくない!」と思っていたりします。

 

乖離(かいり)している表層意識と無意識

実は、この表層意識と、無意識レベルの乖離(かいり)が、日常生活の中の心の疲れを生じさせる原因になっていることがあります。

なぜなら、表層意識と無意識がかけ離れ過ぎていると、物事がうまく運ばないことが多くなるからです。

 

例えば、40歳の未婚の女性が結婚をして家を出たいのだけど、お母さんから離れられない状況。

先程も上で書きましたが、「お母さんウザい!」と表層意識で思っていたとしても、無意識レベルでは「お母さんが好き」と思っていると、結婚して出て行くという選択よりも、母親への心配の思いの方が無意識的には強く出てしまうため、自然と結婚の縁が遠のいてしまうのです。

 

自然とそうなってしまうのが無意識

表層意識は、意図的に何かの目的があり、行動を起こしたり、発言をしたりするのですが、無意識の特徴は、自然とそうなってしまうことです。

自然とそういう環境になってしまったり、自然と無意識が望んでいる人を引き寄せたり、自然とそういう表層意識になってしまったり。

表層意識では意図していないことを、自分でやってしまったり、言ってしまったり、ということも多々あります。

 

自然と、表層意識が幸せに向かう行動や発言をしていれば良いのですが、表層意識が不幸だと思うことを、無意識でやってしまうことが多々あります。

そのことが、より一層、生活の中で心の中を疲れさせる出来事になるのです。

 

そして、その思いが無意識レベルに蓄積される

無意識レベルの厄介なところは上記だけではありません。

「こんなのもう嫌だ!」という思いだったり、「これは絶対にこうしてやるんだ!」という思いは、無意識レベルの中に蓄積される記憶となり、いつの日かレコーダーのように自然と再生され、無意識の行動や発言に繋がります。

 

つまり、表層意識が、心の中の疲弊やストレスを抱えて「うわー!!!」となっていると、その思いが無意識レベルに蓄積されるということです。

もっというと、その思いをもった自分自身が、ずっと自分の中に残ってしまうということ。

つまり、無意識は一つではなく、無数の自分の思いの集合体なんですね。

 

複数の無意識たちにも、心がある

そして、その無意識一つひとつに、心があります。

なぜなら、表層意識が何かを強く思った時、心の状態がそういった思いをもたせるからです。

 

つまり、表層意識の心の状態によって、無意識レベルに蓄積する思いや意識が決まると言っても過言ではありません。

そういう意味で言うと、自然とそうなってしまう無意識レベルの中身は、過去の自分自身の心が作り出したとも言えます。

これが、「因果応報」「カルマの法則」と言われるものなのかもしれません。

自然とそうなってしまう事象を「運気」とも言う

そして、一番重要なのは、「現実化する」ということは、必ずそういう現実化が起こる前段階の「流れ」が起こっています。

流れ無くして、現実化はしません。

先程の、「無意識レベルで自然とそうなってしまうこと」、それが「流れ」であり、「運気」と呼ばれているものになります。

 

つまり、現実化の前段階の「運気」は、無意識レベルが作り出しているもので、その無意識レベルに蓄積した強い思いは、過去の自分自身の心の状態が原因である可能性が高いのです。

ということは、表層意識の心がけ次第で、無意識レベルに蓄積する思いや、運気はどれだけでも変わることができると言えます。

無意識レベルの中にある意識たち

今回は、無意識レベルと表層意識の関係についてお話しました。

無意識レベルには、複数の過去の自分の意識や思いが蓄積していると書きましたが、実は、過去の自分では無い思いも蓄積していることがあります。

例えば、無意識レベルの中には

  • 潜在意識
  • 細胞の意識
  • DNAの意識
  • 未来の意識

などがあり、細胞やDNAは人からの影響を受けることもあるからです。

さて、次回の記事は、その無意識レベルの中の、潜在意識について記事を書いてみたいと思いますので、楽しみにしていてください^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました