心から好きなこと・やりたいことの見つけ方

ブログ
茜(あかね)
茜(あかね)

周りは好きなことに打ち込んで輝いていたり、やりたいことや将来の夢を見つけて進んで行ってるのに、自分は好きなことが何なのかもわからない。。。

.
そんな風に思われている方は案外多いのではないでしょうか。

.
周りが楽しそうにしているほど、自分は置いていかれてるんじゃないか?と焦ってしまいますよね。

.
本日は、今現在好きなことが何なのかわからない方へ、好きなことの見つけ方のヒントを書いてみたいなと思います♪

心から好きなことを見つけるためには

今から私が書くことは、世間一般の「好きを見つける方法」とは少し違うことを言っているかもしれません。
.

というのも、私自身ずっと昔から「自分の好きなことは何なのか」ずっと悩んできた人間で、大人になってからもイマイチ分からずにいたのです。

好きなことが無いことは変なことなのか?と思い、無理やり好きなことを作ってみたり、ようやく好きなことが見つかったかと思えば、実は心から好きだったわけではなかった…ということもたくさんありました。

そういうことをいろいろと経験してきた中で、ここ数年でやっと心から好きだと思えることを見つけることができました。
.

その時に、これが見つけるためのポイントになったな💡と思うことを書いていきたいと思います♪

実は既に心の中にある

出オチのようになってしまいましたが、私たちは既に心の中に、好きのヒントを持っているはずなんです。

「好き」というのは心から湧いてくるものなので、それが分からないということは、自分の心でその湧いてきた感情を感じ取る・掴み取ることができていない状態になっているというわけです。

そういう方は、あれこれといろんなことに手を出して好きを探してみるのも悪くはありませんが、まずは感情を心で感じ取れるよう、心のリハビリをしたほうがいいかもしれませんね^^

個人的には、純粋な心を持っていた幼い頃に好きだったものもヒントの1つになりうるのではないかなと思っています。

無理したり背伸びした自分ではなく、リラックスしたありのままの自分でいられること

心から好きなことをしている時というのは、一切の無理がありません。

心も体ものびのびとしていて、頭であれこれ考えずともサッと心で動くことができます。
.

例えば、私はガーデニングが大好きなことの1つなのですが、ハッと気づけば花を見に花屋へ足を運んでいたり、ふと我に返ったら手元に寄せ植えが完成していたりします(笑)

そして、植物が好きすぎて1日に何度もベランダに出て、「あら!可愛いね〜☺️」とリアルにお花に喋りかけていたりします(笑)

植物に囲まれていると、自分がありのままの素の状態でいられるので心身共にとてもリラックスするんですよね。

.
もし、重い腰を上げないと取り組めないようであったり、やり切った後に心が疲れた・パッとしないと感じるようであれば、それはあなたにとって「心から好きなこと」ではないのかもしれません。

表情や雰囲気を周りの人に見てもらう

好きなことに打ち込んでいる人というのは、表情がパーっと明るくなり、瞳もキラキラと輝きを秘め、顔色がどんどん良くなります。

自分ではよく分からなかったとしても、これは周りから見ると一目瞭然なんですね。

そこで「自分はこれが好きだと思ってるんだけどな〜」と思うものに取り組んでいる姿を、心の豊かな第三者に見てもらうのがおすすめです。

自分では好きだ!と思っていても、周りから見ると「なんかそこまで楽しそうじゃないよね…」と言われることもあれば

自分では普通だと思っていることが「すっごく輝いてたよ!!!」と言われることもあります。

自分のことがよく分からない時こそ、他人から客観視してもらうのも一つの手だと思います。

「出来るかどうか」で判断しない

よく「私はこれが得意だから生かせると思う」というので、好きなことの1つにカウントする方がおられますが、私的にはあまりオススメではありません。
.

私は以前エステの仕事をしており、自分はエステをしている時が何より楽しい!と思っていました。

しかし、辞めてみてからよくよく振り返ってみると、好きだったのはエステではなく、お客様と楽しくお喋りしていた時間。

私にとってエステとは、お客様と楽しくお話しするための手段にすぎなかったのです。

実際に仕事を辞めてからはエステをしたいと全く思わなくなり、自分の顔にすらエステをしなくなりました。
.

出来ることをやっていくうちに好きになる…といった例も実際にはあるのかもしれませんが、そこは見極めが必要だと思います。

それこそ前項でお話しした、表情や雰囲気を周りの方に見てもらってはいかがでしょうか♪

まとめ:好きを見つけるにはまず心を育むこと

とてつもない遠回りに感じられるかもしれませんが、心を育む過程で「自分が心から好きなことってこれだったんだな」と気付くことができます。

どれだけ時間がかかったとしても、必ず見つけることができます。

そして、心で「本当に好きだなぁ」と感じ取れた時の感動は、一生忘れられない心の財産になるのではないかと思います*

コメント

タイトルとURLをコピーしました